女の婚活サイト活用術|女性からオファーしても大丈夫?

婚活サイトを利用していると、男性側から女性にアプローチしてくることになります。

しかし、女性としても自分から選びたい、といったケースもありますよね。

一方で、女性側からオファーをしてもよいのか、といったことで悩んでしまうケースが多いのです。

こちらでは、女性から男性にアピールしてもよいのか、もしアピールする場合にはどういった方法がおすすめなのか、といったことをお教えします。

■女性からも積極的にオファーすべし

・女性からのアピールは全く問題なし

そもそも婚活サイトに、男性からしかアプローチしてはいけない、なんて決まりはありません。

男性のプロフィールを検索して、自分にマッチングしそうな相手を見つけてメールすれば良いだけです。

待っているだけでは、良い方との出会えません。

特に30代半ば以降や40代の女性で婚活サイトを利用している場合には、待っていてもなかなかアプローチされなくなってきます。

20代や30代前半の女性は男性からたくさんのアプローチがあるので、その中から選べるわけですが、30代なかば以降になると選択肢がどうしても狭まってしまうのです。

その選択肢を少しでも広げるために、積極性を持つことが大事ですよ。

ただし、注意して欲しいのが手当たり次第にアプローチしまくってしまう、といったことです。

きちんと戦略を練らなければ、良い相手をゲットできません。

■女性からオファーする時の注意点

・最初のメールが大事

男性の場合は、女性へのアプローチが比較的慣れています。

女性が食いつきやすい内容のメールをしようと努力もしています。

女性の場合はアプローチしなれていないので、どんな「はじめましてメール」をしたら良いのかわからないケースが多いわけです。

最悪なのが、「気になったのでメールしました」といったメールです。

アプローチする時に大事なのが、

挨拶をすること
なぜメールしたのか理由伝えること
自分のことについてそれとなく伝えること

以上の3点です。

その中でも最も大事になってくるのが、なぜメールしたのかです。

相手のことが気になったからこそメールしたんですよね。

それを一括して「気になったのでメールしました」と略してはいけません。

その方の「どんなところが気になったのか」を伝えて下さい。

たとえば、

趣味が一緒だったから

といったようなプロフィールをしっかりと読んでいることをアピールするのも効果的です。

圧倒的に返信率が良くなるので試してみましょう。