婚活はどれくらいの期間を目安にしたほうがいいですか?

婚活は長期間続けるものではありません。

できるだけ短期間で結果を出すことが重要なのです。

だからといて、なかなか結果を簡単に出せるものではありませんよね。

そもそも、ある程度の期間設定を決めて婚活は行うべきです。

期間を設定することで、計画的な婚活が出来るようになります。

こちらでは、婚活のおすすめの期間設定についてお話します。

1年程度なのでしょうか、それとも2年や3年程度に設定すべきなのでしょうか。

■6ヶ月から12ヶ月くらいを目安にするべき

・長く設定すると婚活疲れが起きてしまうことも

最近話題になっているのが、婚活うつ、といったものです。

婚活を長時間続けることで、疲れてしまうのです。

頭の中が婚活のことだらけになってしまいますからね。

長期間に設定してしまうと、途中でだれてしまい、一時的にサービスを利用しない、といった非効率な状態になってしまうこともあります。

その期間も費用が発生し続けてしまう可能性があります。

そこで出てくるのが1年未満の期間を設定する、といったことです1年は少し短いのではないか、と思っている方もいますよね。

実は、1年間未満の設定にはきちんとした理由があるのです。

・婚活サービスを利用して結婚した方のお相手との出会いまでの期間

実は3ヶ月以内に出会っていることが多い、といった結果が出ているのです。

婚活サービスを利用し始めてからかなり早い段階で出会い、その後お付き合いに発展してゴールインを迎えています。

仮に1ヶ月から2ヶ月で良い方と出会えたとしましょう。

そこから半年間お付き合いしてゴールインする、というのはおかしなことではありませんよね。

婚活サービスを利用し始めてから7ヶ月から8ヶ月で結婚に到れるわけです。

1年間未満に、婚活サービスの利用を限定したとしても十分に間に合います。

■婚活サービスを利用して少しでも早く結婚する方法

・目移りを予防すること

たくさんの相手と出会う、といったことも大切かもしれません。

しかし、良いと思える人が出てきたのに、お見合いや婚活パーティーへの参加を続けてしまうと、どうしても目移りしてしまうのです。

その結果、良いな、と思った人と深い関係にならない状態で他の方ともデートをするようになってしまうかもしれません。

それでは永遠に結婚ができなくなってしまいます。

良いな、と思う人が出てきたら、その方に力を注ぎましょう。

目移りは厳禁です。