婚活で妥協したら後悔する?それとも妥協も必要なの?

結婚には妥協も必要であることは間違いではありません。

しかし、結婚するに当たり全てに妥協してはいけません。

こちらでは、婚活ではどういったことに妥協して、どういったことに妥協してはいけないのか、といったことをお話します。

■第一条件以外は妥協すること

・第二条件以下は柔軟になること

結婚をスムーズにするためには、すべてに強行的な考え方を持ってはいけません。

自身の条件を持ち続けてしまうということは、頑固といっても良いでしょう。

自分に対しては頑固になっても良いかもしれませんが、結婚は一人では出来ません。

相手もいるわけです。

すべての条件を高く設定しないでください。

絶対に譲れないものはかまいません。

しかし、それ以外は少し条件を下げてみましょう。

ちょっと下げるだけでも、今までとは違った婚活が出来るようになります。

あなたが結婚してもよいかな、と思える方がどんどんと増えてくるような感覚です。

■特に妥協すべき条件とは?

・年収条件は妥協すべき

女性の場合、婚活相手の条件として年収を掲げるケースは多いです。

確かに、結婚後の生活を考えると年収額は気になってしまいますよね。

少しでも高額であったほうが良い、と考えるのは当然です。

問題は結婚相手にいくらの年収を求めるのか、といったことです。

たとえば、600万円が一つのボーダーラインでしょう。

実は、男性の殆どが一生のうち一度も年収600万円に到達することはありません。

多くても500万円程度なのです。

ですから、600万円といった設定額に大きな問題があります。

もう少し下げてみても良いのではありませんか。

500万円でも立派な年収です。

さらに年齢も加味してあげましょう。

年収は昇給があると考えれば50歳前後まで登り続ける可能性があります。

結婚相手の候補が30代であれば、その時期で600万円の年収はかなり難しいわけです。

30代であることを考えれば400万円でも良いのではありませんか。

昇給が順調に行われれば、50歳前後で500万円を超えてくることもあります。

先を考えれば、現在年収が少し少なかったとしても我慢できると思うのです。

■妥協すべきでない点とは?

・金銭感覚は重要

実は、年収というよりは金銭感覚のほうが重要です。

年収600万円ある方でも金遣いが荒ければ生活は厳しいです。

借金をしているかもしれません。

一方で、年収が400万円台でも着実に貯金している方は多いわけです。

どちらのほうが豊かな生活なのかは、一度考えてみるべきですよ。