崖っぷち30代女性が婚活で売れ残る不利な理由とは?

30代女性の多くが婚活で売れ残ってしまっています。

30代といえば一番婚活に適した時期とも考えられるのですが、何故売れ残りやすいのでしょうか。

こちらでは、30代女性が婚活に失敗しやすい理由をお話します。

実際に三十路を迎えており婚活をしている、といった女性には必見のテーマです。

■30代は圧倒的にライバルが多い!

・婚活サービスに登録している30代女性が多い

30代の女性が基本的に婚活サービスのメイン層と言っても過言ではありません。

20代女性や40代女性よりも圧倒的に数が多いのです。

数が多いということは、それだけライバルが多い、といったことでもあります。

ライバルが多いということは、男性を取り合ってしまう、といったことも考えられます。

■男性から見て魅力が少ない

・男性は若い女性が好み

男性は自分よりも年下の女性を好む傾向が極めて強いです。

確かに、年上好きな男性がいることも確かですが、やはり圧倒的に年下が好きな男性の割合が多いです。

男性は20代の女性に興味関心がいってしまいます。

婚活サイトに登録しても、30代女性ではなく、20代女性に目がいってしまうのです。

男性から見て30代の女性はあまり魅力がない、といったことも婚活サービスで30代女性が苦戦してしまう大きな要因です。

■30代女性はプライドが高い

・仕事でも活躍している女性が多い

30代まで仕事を続けているとのことで、会社でもある程度の地位に到達している女性は少なくありません。

そういった状況から、かなりプライドが高い方が多いのです。

結婚相手に対して、あまりにも高い条件を設定しているケースが少なくありません。

自分より年収が高い、といった条件であったりするのです。

最近では、男性よりも女性の年収が高いといったことも珍しくなくなりました。

女子側は、自ら結婚をしづらい状況を作り出している現状にも注目です。

・高すぎる条件は厳禁

前述したように、酸性から人気があるのは20代の女性です。

30代の女性に多くの男性が飛びつくようなケースは少ないので、高すぎる条件設定は命取りです。

現実に即した条件設定を実施してください。

■30代女性でも婚活に成功する方法とは?

・中高年の婚活サイトに参加すること

中高年がメインの婚活サイトに参加することです。

年齢的なハンデを背負わないで済むような状況になるので、圧倒的に婚活が成功しやすくなります。