婚活デートで相手にOKをもらえる条件@告白のタイミング

婚活していてデートをなんかいも繰り返している状態であれば、あとは告白だけ、といった状態ですよね。

しかし、問題はいつ告白するのか、といったことです。

告白のタイミングを逃さないようにしなければなりません

こちらでは婚活の相手にOKを貰えるような条件をお教えします。

知っておけば、告白の成功率も格段に高まるものです。

■絶対条件!複数回のデートをしている

・あなたに好意を持っていることは間違いない

デートというのは、相手に会うために行うものです。

目的は、あなたと会うことです。

だからこそ、好意を持っている、と考えられます。

デートを複数回行っているということは、告白に成功する確率も圧倒的に高くなります。

問題は何回目のデートで告白すべきなのか、といったことです。

・3回目から4回目のデートで告白すべき

1回目のデートは顔合わせ、といった感覚です。

2回目のデートは確認です。

3回目のデートから、相手のことに好意を持っている、といった状態になるのです。

ですから、3回目以降のデートで告白すれば受け入れてもらえる可能性が飛躍的に高まります。

中には、3回目のデートも確認に入れてくる人もいるので、より確実にするために4回目のデートで告白するのもありです。

もちろん、デートで話が盛り上がってきたところで告白をしましょう。

■探りを入れて好感触だったら告白してみる!

・自分たちが付き合ったらどうなるか質問してみる

軽いノリで、「仮に自分たちが付き合ったらどうなるんだろう?」と聞いてみてください。

もしも好感触な答えがかえってきたら、機が熟しています。

「付き合ったら楽しそう」なんて答えて貰えたら、もう告白してもよいかもしれませんね。

・軽いスキンシップを図ってみる

重いスキンシップを図ろうとすると拒否されてしまうこともあるので、軽い感じのスキンシップを行ってください。

たとえば、手の上に軽く手を添える、といった感じです。

その反応を見てください。

戸惑っているのではなく、嬉しそうにしていたり恥ずかしがっていたら告白できるタイミングがやってきています。

■告白するシチュエーションを考えよう

・静かな場所
・二人きりの場所

人通りが多かったり、うるさい場所で告白するのはマナー違反です。

オッケーしたいけど、なんだか嫌な気分になってしまうので、なるべく静かな場所で二人きりに慣れる場所がベストです。

たとえば、固執のおしゃれな居酒屋といったところなんて告白にはおすすめですよ。